子供の中学受験に親ができること

子供のことを考えた場合には2016年に海城中学の合格目指して理科の勉強をさせた方がいいと考えています。中学受験で今頑張っておくと、高校、大学へは、ほぼエスカレーターで行けるため、受験地獄等といった点数で人を決めるようなことに子供を巻き添えにしなくたいと考えています。高校受験になると教科も内容も多くなり、難しくなるために、小学生のうちに頑張ってもらいたいと親としては考えています。

中学受験対策をしてくれる小学校はない

そのために、いくつかの中学を受験する予定ですが、それぞれの中学校の試験対策を小学校ではしてくれないので、塾に通わせています。塾では、それぞれの目標にしている中学校ごとのクラスがあって、それぞれの中学校の傾向等を分析したテキストを使用して授業がおこなわれます。

塾のクラスのほとんどがその中学校を目指している志が同じ生徒ばかりで、教室内では競争が激しいようでそれが子供のやる気のパワーになっているようです。

現在は複数の中学受験を考えているために、2クラスに通っていて週6日が塾の日になっていますが、受験が終了するまでの間なので子供の健康状態だけ気をつけるようにしています。中学受験するのは子供本人なので、親としては勉強以外でできること、できないことを区別して積極的に受験の環境づくりには関わっています。